• ホーム
  • ビタミン摂取で健康維持と温泉でヘルペス感染するか

ビタミン摂取で健康維持と温泉でヘルペス感染するか

困っている男性

ヘルペスという病気は感染症の一つですが、ほとんどの人が一度は感染しているものです。
それは子供の頃にかかる水ぼうそうであり、水ぶくれができてしまう症状で皮膚や粘膜を通じて感染してしまうものなのです。
一度感染してしまうとウィルスは住み着いてしまいます。
何回か発症を繰り返すという特徴があるのがヘルペスなのです。
ヘルペスは再発するものなので 、体調が悪くなって体の抵抗力が落ちてしまったりすると再発することになります。

そのために体調管理が必要となります。
例えば食事が偏りビタミン不足となってしまう、疲れが溜まって体調不良になってしまうなど原因で再発します。
症状は背中やお腹の左右いずれかに帯状に赤い発疹が現れて痛むという症状になります。
そのあと水ぶくれができて破れてかさぶたになりやがて治ります。
二、三週間で治ることになりますが、年齢によっては長引くこともあり注意が必要なのです。

またヘルペスは唇の周りに赤い発疹が出来てヒリヒリと痛みと痒みが現れて、水ぶくれができてしまうような症状もあり、これは単純ヘルペスといい感染するものです。
温泉で感染するかどうかということについては、基本的にヘルペスウィルスは水に弱いものなので温泉に入っている状態で感染することはありません。

しかし温泉を出てからタオルで体を拭いたりお水を飲むようなことで共有のものを使って感染してしまうという例はあります。
できるだけ使い回しのタオルやコップは使用しないことと、共有のものを触った時など手を洗うなどする事が望ましいです。
このようにヘルペスは体調不良になる事で現れるものと、感染によって現れるものがあり、皮膚に赤みや痛みがあれば早めに皮膚科などで治療する事です。

人気記事一覧